おあずけ1年:青梅宿から

 中断していたサークル活動がやっとこさ再開。

 このコース、以前にここへ書いたかもしれないが、

 忘日、古い企画のほこりを払って、今回は案内役。

 

f:id:donitia:20210411160925p:plain

f:id:donitia:20210411160947p:plain

 

 

 青梅駅から旧青梅街道を西へと辿って、沢井まで歩いてみっか、という企画だけれど、なにしろコロナのため、遅れた出前よりもっともっと伸び切って、すっかり冷めてしまった。ともあれ、当日青梅駅に9名集合。

 今回は、ドイツから一時帰国しているという日本人女性が初参加、けれど名前がドイツ語のカタカナ訳だから年寄りには覚えにくい。日本名の〇子さんでもよろしいか、どうぞどうぞ、なんでも結構、ということで安心した。

 

 

 最初は青梅の街中、つまり昔の青梅宿を歩く。古の宿場の面影を残す伝統的な商家が通りのところどころに残っている。そのうちの一軒、旧稲葉家に立ち寄る。蔵造の薄暗い店舗に入ると、案内役のおばさんがいて質問に答えてくれる。

f:id:donitia:20210411164941j:plain

 

 がやがやと質問し、店のつくりを眺めたり、どっしりした車櫃に驚いたり。圧巻は店の裏手に残る3階建ての蔵、修理を重ねているのだろう、壁の白さが目に眩しいほどだ。店は江戸時代、この蔵は明治初年の建築だそうだ。都指定文化財

f:id:donitia:20210411165431j:plain

 

 

  まっすぐ西へ延びる宿場通りの端に金剛寺というお寺がある。街の中では古刹だというが、その境内に一本の梅の木があって、その梅はいつまでたっても熟さず青いままなので、それで青梅という地名ができたという。うむ!

 それはともかくとして、枝垂れ桜や楓の木が配置された境内のたたずまいが森厳の気に満ちて好ましい。一行の皆が境内をうろうろ歩き、なかには苔むした石碑の、蛇がのたくったような文字を、ああでもないこうでもないと読み取ろうとする者あり。

f:id:donitia:20210411181120j:plain

 

 

 戻って、街道の突き当りに陣屋跡。八王子代官所の出張所みたいなものだろう。今は忍ぶよすがは何もないが、ただ陣屋を守護していたという熊野神社が残っている。神様は、押し潰してしまったり、ほいっと捨てたり、それはできないのだろう。

f:id:donitia:20210411181605j:plain

 

 

 ここから先は裏宿。江戸後期に宿場に編入された地域だという。のんびりした道路だから、のんびり歩く。年寄りが多いから当然そうなる。裏側の丘陵に新緑が萌え出て、柔らかそうな優しい緑が、もわもわ泡のように盛り上がって実にきれいだ。

f:id:donitia:20210411182419j:plain

 

 

  さて分かれて細い旧街道道に入る。だらだら坂を下って多摩川の岸近くの臨川庭園へ。青梅の代議士さんの別邸だったという日本庭園だ。梅が散り、桜も葉桜となり、しかしミツバツツジの花や芽吹いたばかりのモミジの葉が美しい。ここで昼食。

  庭園の木々はすべて若葉が芽吹き、その青葉に匂いがあるのかどうか知らないが、見ているとむせ返るような気がする。ときおり雲を切り裂いて陽が差込むと 、若々しい緑が一斉に照り映え、小躍りするようにきらきらと輝く。

f:id:donitia:20210411184517j:plain

f:id:donitia:20210411231113j:plain




 午後からも、車道の現街道に並行している山側の旧街道の細道を歩く。紫に霞む遠くの山、両側のつつましい民家、花桃ミツバツツジが咲き、道端に鮮やかなスミレ、シャガ、紫花菜。ほぼまっすぐな道はいかにも昔の街道らしい。いやが上にものんびりする。

f:id:donitia:20210411232111j:plain

 


 

  いったん現街道に出て、女性陣はそこの「さけまんじゅう」を買った。男は誰も関心がない。「まんじゅう」だからなのか、それとも買い物は女性の特技(?)だからなのか、見事に二分されておかしかった。

 しばらく現街道を歩いて、また山側の細道に入る。先ほどとおなじような道が続く。旧街道を広げるにつき、家のない場所では容赦なく旧街道を踏みつぶして現街道として広げ、家があった場所は旧街道のままなのだろう。それがよくわかる。

f:id:donitia:20210411235715j:plain

 

 

 

 この道の突き当り、海禅寺でおやつ大休憩、皆口をもぐもぐ。この地の豪族、三田氏ゆかりの寺で、三田氏四代の供養塔もある。境域は都の指定史跡。境内は鮮やかな花に埋もれ、どこかで鶯が下手な声で啼き、日差しが温い。

f:id:donitia:20210411235607j:plain

f:id:donitia:20210411235645j:plain




  このあと道は山側にぐっと食い込んでいく。少し先に山からの沢があり、その沢を渡るために流れの細い上流へ行くのだ。登りになるのできつい。案内役が遅れてしまう。ひーひーはあはあなのだが、ひた隠しにして知らんぷりして橋を渡った。

 橋の向こう側は、鎌倉街道の一つと言われる、山から下る自動車道、それが下って現青梅街道に突き当たる。その辺りから対岸にかけて、三田氏と北条氏輝が戦った軍畑。戦死者の鎧、兜を埋めて供養したという鎧塚がある。

f:id:donitia:20210412014824j:plain

 

 

 地図では、ここから多摩川の川っぷちを歩くことになっているが、台風で遊歩道がダメになり歩けない。万止むを得なければ山側の旧街道をそのまま歩く。ゴールの沢井駅まではあとほんの少し、いったれや! と自分に言い聞かす。

 駅近くに、江戸時代に名主役を務めた福島家が茅葺屋根もゆかしく、現在に残されている。説明板によれば、多摩地方の山から材木を筏に組んで江戸まで運んだ、筏師の惣代を務めた家だそうだ。現在も人が住んでいるという。 

f:id:donitia:20210412020019j:plain

 

 

 さて、今回はここで終了、距離は約12㎞。

 案内役がへばってどうすんだ!

 いやいや歳には勝てまへんなあ。

 

・・・

 

 で、解散した後、希望者がこっそり澤井酒造の澤井園に繰り込んだ。訊酒蔵に入って一杯100円の酒、数種類をぶっ食らう。平日だからハイカーもほとんどいない。そのあと多摩川の縁で、せせらぎを耳に更にぶっ食らった。

 園の多摩川が見える東屋に全員集合。飲んべオヤジと紅一点。澄んだ水が静かに流れ、若葉の枝が川にせり出して、川面の風にそよいでいる。長い日がだんだん傾いたが、オヤジの饗宴はなかなか終わらない。 

 

f:id:donitia:20210412021504j:plain

 

 

 

歩き始めの春(サークル発進)

f:id:donitia:20210328182836j:plain

 

 

 自粛していたサークル活動発進、春真っ盛り。

 集合駅に9名参集。なんとなく全員が心浮き立っている様子。だろうなあ! 今日はぬくぬくのの上天気で、桜、桃、雪柳、連翹、そして草の花、ぜえ~んぶ一斉に咲いて、緊急事態宣言解除もあって、気分は解放されっぱなし!

 

 今回は「玉川上水とその分水」。上水の游歩道を行き、ときにその分水の流れを見、あるいは枯れて流れぬ分水跡を見て、国分寺の「姿見の池」まで、ゆるゆるぽっくり歩く計画。案内役のⅯ氏も晴々と張り切っている。

 

 玉川上水に枝を差し伸べるソメイヨシノもなかなかの風情。土手は既に緑なす若草が萌えて、なんだか今年は季節の巡りが半月ほど早いのでは(毎年同じことを言ってないか?)と思わされ、”オンダンカ”が頭をよぎるが、ほんのチラッとだけ。

f:id:donitia:20210329124954j:plain

f:id:donitia:20210329125021j:plain

 

 

 花の下を歩いて上水と残堀川の交差点を過ぎ、江戸時代初期、砂川村を切り開いた地主、砂川屋敷の裏の公園で昼飯。幼い子供たちが駆け回り、若い両親が目を細め眺める公園には、桜が咲き桃が咲き、風がほわりと吹いて、我らご老体も気分サイコウ!

 平和な風景だなあ! 主義主張より平和!! 主義主張なんて時代が変わればコロコロ変わる。戦前の日本と戦後の日本は同じ国か? 平和で何が悪い、平和ボケするほど平和なら尚いい。世界中が平和ボケすれば、もっといい。

f:id:donitia:20210329151916j:plain

f:id:donitia:20210329152020j:plain

 

 

 上水の土手に桜並木、その手前の畑に雪柳がこぼれんばかり、手前の黄色いのは土佐水木? 相変わらず木の名に弱い、花の名、草の名に弱い。名に弱いけれど、きれいだなと思うのには名は関係しない。ただ、おお!綺麗だと言ってりゃ済む。ありがたや!

f:id:donitia:20210329152806j:plain

 

 
 お寺にも立ち寄る。その境内に、ナニ桜だか、一つの木に赤、ピンク、白の花がいっぱいついている。その花が小ぶりで押しつけがましくなく、とても好もしい。きれいだと思う心に名は関係しない、なんて言ったけれど、こうなると名を知りたくなるナ。

f:id:donitia:20210329153135j:plain

 

 

 お寺の山門の脇に「山門不幸」の立て札があり、全員で首をかしげたが、上等でもない首をかしげたくらいでは意味が分からない。分らないので後でググる。  
「お寺の住職やその家族の中でご不幸があった場合に、周囲の方々へのご連絡としてお寺の入り口等に立てられる札に書かれる言葉です。」 とのこと。ほんの少し利口になったかな?

f:id:donitia:20210329153739j:plain

 

 

  玉川上水駅前で大休憩。お年寄りだから休憩は必須。頭の上には緋寒桜とソメイヨシノが競演、この御両所が一緒に咲くなんてなあ、今年はやっぱり季節めぐりがおかしいゾ。その向こうを多摩モノレールがこれまたゆっくりと走っていく。

f:id:donitia:20210329155033j:plain

  

 

 上水脇の遊歩道の雑木はもう若葉がわらわら。山の若葉も萌え出したろうか? 萌黄、浅緑、常緑樹の緑、針葉樹の青、様々な色合いの緑が山肌を埋め尽くしただろうか?  パッチワークを敷き詰めたようなその美しさを、どう表現していいものか。

 その時期の山肌が一番好きなんだけれど、それも瞬く間、たちまち一面べったりの緑に変じ、待ってくれ~と言っても聞いてくれない。待ってくれ~と言っていないで、自ら出かけろ! そうだ、出かければいいのだ。

f:id:donitia:20210329160226j:plain

 

 

 江戸時代、武蔵野新田開発に大功労のあった川崎平右衛門の供養塔に詣ず。堂々として大きく立派だ。平右衛門さんを慕うお百姓が建立したものという。彼は武士ではない。府中のお百姓の出である。

 大岡越前守忠相に認められ新田世話役となって、独創的な施策によって飢えから百姓を救い、新田開発を軌道に乗せた。この時代、武士よりも数段優れたお百姓がいたのだし、その人物を抜擢した優れた武士もいた。身分制度でガチガチではなかったらしい。f:id:donitia:20210329160502j:plain

 

 

 そんな案配で、西国分寺駅へ。近くに「姿見の池」。陽が傾いてしっとり落ち着いた池の水面に、はらはらと桜が散る。日永の春の陽はまだ暮れないけれど、辺りに静寂が滲みだしてくるような気がした。

f:id:donitia:20210329162202j:plain

 

 

 しかし今日は歩いたなあ、約16㎞。

 疲れたばってん、有志こぞって(二人!)駅前でちょっくら。

 久しぶりなので、大いに盛り上がったでやんす。

 

 

 

 

さんぽみち、再三

f:id:donitia:20210312105207j:plain

 

 

 食っちゃ寝ばかりだと腹が出て困る。

 では、どこへ行こうか、久しぶりに谷地川のほとりを歩いてみよう。あきる野の丘陵に端を発し八王子へ抜けて多摩川に注ぐ。文字のとおり丘陵に囲まれた谷地地形だが、最近太い道路が通って、昔の鄙びは失われた。なんとなく残念。

 

 歩き始めは国道16号との交差点で、やたら車が多いし、飲食店などもひしめき、だから早々に逃れるように谷地川の川辺に出る。川面は枯草に埋められ水は見えない。それでも川べりの道は煉瓦で畳まれていて贅沢なものだ。

f:id:donitia:20210313100836j:plain

 f:id:donitia:20210314094955j:plain f:id:donitia:20210314095035j:plain

  

 梅なのか桜なのかそれとも桃なのか、判別のつかない花が咲いている。判別がつかないのは、こちらに知識がないだけで、彼らにしてみれば歴然と区別がついている。そしてまた、地面には春一番の小さな花がここを先途と咲きだした。

f:id:donitia:20210313100916j:plain   f:id:donitia:20210313101003j:plain

f:id:donitia:20210313101058j:plain f:id:donitia:20210313101129j:plain

 

 

 八王子の「道の駅」の裏側を通るので、ちょっくらお邪魔する。小さな施設だが、案外人が混む。並んでいる野菜はさすがに生き々々しているなあ。トイレを借りて一服して、さあ、歩こう。春の風が心地よく吹いているのだから。

f:id:donitia:20210313101219j:plain

 

 

 納屋の後ろの梅の古木が、今を盛りと咲いている。古木でも今を盛りと梅の花、と思う。こんなにいろんな花が咲き始めると、春に追いかけられているようで、心急かされるが、ちょっと立ち止まってみれば、今までもそうだったし、ひょっとするとこれからもそうなのだから、急ぐ必要はない。ゆっくりしていいのだ。

f:id:donitia:20210313101242j:plain

 

 

 奥へ行くと川の水が見えてきた。覗き込むとレンギョウの陰で小魚がちらほら泳いでいる。でもメダカの学校ほど群れてはいない。向こうの丘陵は灰色にくすんで若葉の色はないが、新芽が柔らかな萌黄色に輝くのはもうすぐだろう。

f:id:donitia:20210313101312j:plain

 

 

 山陰にあるお寺の周りが、薄桃色に霞んでいるから 近寄ってみたら、いろんな花がてんこ盛りだった。梅のほかに河津桜みたいな花、そして桃かなア。3月だから桃の花だって咲いてもおかしくないと思う。花の寺。

f:id:donitia:20210313101724j:plain

f:id:donitia:20210313101933j:plain

f:id:donitia:20210313101859j:plain

f:id:donitia:20210313102005j:plain

f:id:donitia:20210313102031j:plain

 

 

 いよいよ川沿いの道がなくなって、街道に出た。道路標識に「あきる野」の文字が見える。街道沿いにお寺があったので立ち寄る。赤い二階建ての楼門、屋根は茅葺だ。そこいらの石に腰を下ろして昼飯。静かだなあ。

f:id:donitia:20210313104717j:plain

 

 

 歩き始めると、丘陵を背にして梅の花に囲まれた民家がぽつんと。梅かおる小家の庭は昼下がり、なんて思う。とても長閑な感じがする。しばらくぼんやりと眺めていた。どんな人が住んでいるのか知らないけれど、おばあさんひとりかな。

f:id:donitia:20210313105515j:plain



 いよいよ丘陵越えにかかる。といっても、ごく低い鞍部を越えるだけ。木立はまだ裸木だ。向こう側はあきる野市、これで谷地地形は終わる。春浅し低い峠を越えていく。峠を越えるとその先は異郷のような気持がする。

f:id:donitia:20210313110251j:plain



 越えれば、毎度お馴染み、圏央道インターチェンジ。その向こう遥か奥多摩の山並みが幾重にも重なり合って、紫に霞んでいる。ここからは先日歩いたコースだけれど、見える景色はまた変わっているかもしれない。

f:id:donitia:20210313110923j:plain

 

 

 先日は秋川の土手を歩いたが、今回は川の蛇行が作った沖積平地を歩く。それはいくつかあるのだが、しばしば畑地や田んぼになっている。ちらほらと耕す人影が見える。この光景はいつまで見られるかなあ、と思う。

f:id:donitia:20210313111638j:plain

f:id:donitia:20210313111823j:plain

 

 

 かくのごとくして、5時ごろ帰宅。

 距離、21㎞。ちょっとやり過ぎたかなあ!

 腹は思うほどへこまない、が、楽しかったからよしとする。